環境経営方針

                            制定日  平成26年10月1日
                            改定日  令和元年10月1日
                                 株式会社 佐久間
                           代表取締役社長 佐久間 仁宣


<環境経営理念>
株式会社佐久間は、限りある資源を大切にし、地球環境を守るというリサイクルの理念の
もと、主に家庭や事業所から発生する一般廃棄物を受け入れ、選別加工し、再資源化・再
商品化することを社業としております。今後も資源有効利用促進法のもと、ゴミゼロエミ
ッション(ゴミを出さない)に取り組み、地球環境にやさしい循環型社会形成に貢献するエ
キスパートとして、社会的責務と役割を果たしていく所存です。
また、日々の業務においても下記の取り組みを行い、更なる努力を続けてまいります。


<環境経営方針>
1.環境経営システムの構築及び取り組みを行い、継続的改善を図っていきます。また、
  環境関連の法令、条例等の規制事項も遵守し、環境活動の継続的改善を図っていきま
  す。

2.環境経営目標及び環境経営計画として下記の事項に取り組み、必要に応じて見直し、
  環境経営方針に整合した活動を行っていきます。

  ①事務所や現場作業において排出する紙くず、プラスチック類、鉄くず、ガラスくず
   、木くず等の分別を極限まで細分化し、更なるリサイクルの推進を行っていくこと
   により、最終処分されるゴミの削減をしていきます。

  ②電力使用量削減に努めながら太陽光発電等の新エネルギー利用・導入を検討し、車
   両・重機の燃料削減、低公害型への転換による省エネルギーの推進をしていきます。

  ③事務所及び現場作業場における用水の適正使用及び節水、クローズドシステムによ
   る水の再利用の推進を行っていきます。

  ④事務所で利用する事務用品や現場作業上必要とする消耗品等はリサイクル品を積極
   的に使用し、その後も再利用できる社内フローを確立して、リサイクル商品利用・
   促進を行っていきます。

3.業務である古紙・リサイクルの回収を推進することで、環境負荷低減に努め、限りある
  地球資源を守ります。

4.上記内容を全従業員に周知し、環境意識の向上を図るとともに、社外に開示いたします。

                                       以上