機密書類処理

 

破砕処理プラント投入口

破砕プラント
処理立ち合い室

「個人情報保護法」の施行により情報のセキュリティに対する関心が一層高まっている昨今、特に行政機関や民間企業から機密書類の処理に関する依頼が急増しております。

 当社は、県内でも数少ない、一般廃棄物処理施設設置許可と一般廃棄物処分業許可を取得している専門処理施設を佐倉リサイクルセンター(佐倉市・佐倉第3工業団地)内に有し、重要機密書類の安全安心、確実な処理を行っております。
  

 

ダンボール1箱単位から、数百個単位の機密書類処理依頼についてお客様のニーズにあわせた車両を各種保有しております。
豊富な経験とノウハウを有する当社は顧客のいかなる要望にもお答えできるものと自負しております。

安心、安全、低価格での処理を行っております。    回収は1箱から承ります。 まずはお問合せください

 

 

 お問合せ先

       株式会社佐久間 営業推進課   担当 安田
         TEL 043-420-3310   FAX 043-421-6023

 

メールでのお問い合わせは下記アイコンクリック


 

主な取引先
県庁、市町村、官公庁出先機関、警察署、金融機関、保険会社、証券会社、病院、電力会社等、多数の企業および工場

機密書類の処理の流れ

機密書類の持ち込みおよび引取回収

機密書類処理をおこなう佐倉リサイクルセンターにお客様自ら、持ち込み、もしくは弊社機密書類回収専用車両により現地にて回収をおこないます

 

発生元より重要機密書類の引取りをおこなう場合、当社では専用の施錠付きウィング車を使用し当社施設搬入までの間の機密保持を徹底しています。
    

 

 

 

 

 

 

 

 

機密書類専用密閉倉庫にて処理開始

回収車両はそのまま密閉倉庫に入り、処理をおこないます。

 

 

コンベア直接投入・破砕処理・圧縮・梱包

 

 

 

 

 

圧縮

破砕処理後の機密書類

破砕処理プラント

回収した機密書類は破砕処理機に掛けます。    外部から遮断した施設内で梱包したまま処理機に投入し、すべてのプロセスで、書類は一切、人目に触れることがありません。
破砕は搬入時と同じ梱包状態のまま行うので、書類に付帯するプラスチック、金具等も一緒に処理されます


作業者は専門スタッフにより、投入から圧縮、梱包までのすべての工程を担当し、外部者の立ち入りを禁止するなど徹底して情報漏えいを防止しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製紙メーカーへ出荷

 

お客様の安全、安心、信頼を得るために

 

 

 

 

 

 

 

破砕処理施設には、テレビカメラが設置されており、作業状態を処理立合室にてお客様自らリアルタイムに確認する事ができます。また、お客様が破砕の作業状態を録画したDVDの持ち帰りができるので後日作業確認もできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上に戻る